キーワード選定方法のポイント&コツ

SEO対策

SEO対策最重要!キーワード選定方法のポイント&コツと手順

SEO 対策をする上でのキ ーワード選定は誰でも迷うところです。

『 検索エンジンの最適化 』
そのような言葉も近年当たり前に聞くようになりました。

しかし、未だに何をどうしていいかわからないという声は多くあります。

SEO 対策をする上で基盤と言っていいのが、キーワード選びです。

Web サイト制作時や記事制作をする際、
キーワード選定とどのような向きあい方をすればいいのでしょうか。

キーワード選定には手順があります。

SEO 対策のことがあまりわからない
という方もまずは手順通りに進めてみましょう。

SEO 対策のキーワードの選定は根気のいる作業ですが、
適切に行うことで人気サイトに成長させ、多くのユーザーに
「 サイト 」「 商品 」「 サービス 」のインフォメーションを届けることができます。

今回 SEO 対策の初歩について、わかりやすく解説したいと思います。

是非、Web サイト構築を検討している方々は一読してください。

まず、SEO 対策は、自身が伝えたいと思っている
Web サイトのインフォメーションがユーザーにしっかり届くよう
google といった検索エンジンが理解しやすいように最適化を目指していくことです。

前提となっているのは、私達の社会であまりにも多くが google などを使用して、
「 検索する 」という行為が当たり前になっており、
それに応じてWebサイトの数も日に日に多くなっているということです。

自身で公開された Web サイトのインフォメーションは、
まずは検索エンジンに正しく認知される必要があります。

そうしないとどんなに優秀な Web サイトであっても
ユーザーに届かないままになってしまうリスクがあります。

企業の方々は、このような検索するという行為は
ごくごく情報伝達の一部の手段だと考えるのかもしれませんが、
世の中は、ちょっと以前の時代と比較しても
格段に検索に対しての依存度が高まっています。

2020 年以降は、新型コロナの影響もあり、
在宅の率も高まり、インターネットの利用率も更にアップし、
Web サイトの重要度は更に増している状況です。

そして Web サイトは検索エンジンとの関係を常に考え、
作成されていかなければなりません。

現在、存在している検索エンジンは、
かつてあった検索エンジンと比較しても
格段にレベルアップしたとも言うことができます。

検索エンジンが優秀であり、
Web サイトの内容の言葉、
意味を賢く解釈することができるように成長して来ました。

Web サイトが数多ある中で、選べばれていくためには、
SEO 対策をしていくキーワードをしっかり考えて
ホームページを構築していかなければ
存在するだけのホームページになってしまう恐れがあります。

今回はSEO対策の全体図に触れながら、
キーワード選定のやり方をお伝えしていこうと思います。

SEO 対策の目的

SEO 対策の目的は、検索エンジンの上位に表示させることです。

それは正解ですが、すべてではありません。

Web サイトを制作している方々は、
それ以前になぜ検索エンジンの上位に
表示させる必要があるのかを考える必要があります。

それは、それぞれの目的を達成させるためです。

それぞれのWebサイトの目的のゴールとは、

  • 商品を購入してもらう事
  • 問い合わせをしてもらう事
  • 資料請求をしてもらう事
  • キャンペーンに応募してもらう事
  • ブランディング効果を与える事
  • インフォメーションで重要な情報を知ってもらう事

……です。

営業担当者、マーケティング担当者などは、
このような目標を掲げて仕事と向きあっていることでしょう。

ユーザーたちは、特定キーワードを検索エンジンに入力して、
目的としているインフォメーションを探し、Web サイトに到達します。

そのようなユーザーは目標達成意欲が高い傾向にあります。

つまり、キーワードによってはその目標を達成するための
商品やサービスを購入してくれる人が多く集まる一方、
逆を言えば、購入意欲が低い人が集まるキーワードがあるということです。

Web サイトの訪問者を増やすという目的に転化してしまいがちになりますが、
本来の目的を明確にし、意識して SEO 対策をしていくことによって、
確実に目標達成へとつなげることができます。

キーワード選定時もサイト流入が増えるキーワードではなく、
サイトの本当の目標が達成出来るキーワードを選定していく必要があります。

検索エンジンシェアの現状

SEO 対策をする上で、検索エンジンの現状も日々変容していく
ということを念頭に入れておかないといけません。

しっかり最近の傾向を正しく把握する必要があります。

現在、日本では、google と Yahoo! の2つの検索エンジンが、
おおよそ 9 割近くを占めています。

そうなれば、google だけでなく Yahoo! も
相当 SEO 対策について考える必要があるということになりますが。

しかし、現在、Yahoo! は、 google の検索エンジンのアルゴリズムを採用しているので、
実質は google の検索エンジンの SEO 対策だけで充分ということになります。

つまり、企業の方々がこれからしなければならないのは、
google 対策ということになります。

google の検索上位に表示されるため、
google の「 評価基準 」のポイントをしっかりおさえることが SEO 対策の達成の道です。

SEO 対策で何よりも大事な内部対策

SEO対策でキーワード選定は大切

SEO 対策のポイントを少し具体的に解説したいと思います。

SEO 対策は「 内部対策 」と、
被リンクを最適化する「 外部対策 」の2種類があります。

内部対策として、
1番最初にしなければならないことは検索キーワードの選定です。

自社の Web サイトの特定ページに訪問してもらうためには、
自社の目標が達成できるであろう関係語句でかつ、
多数のユーザーが検索をするであろうキーワードを選択し、
そのキーワード検索でヒットする Web サイト、記事作りがポイントです。

安易にでキーワード選定をすれば、
届けたいユーザーに情報が届かず、
また、検索上位になっても期待しているユーザーが流入して来てくれず
目標が達成できないということに陥ってしまいます。

キーワード選定は、
サイトがターゲットとしている読者層に情報を届けるためにあります。

それではキーワード選定をする上での注意点をみていきましょう。

《SEO 対策上のキーワード選定注意点①》
テーマ、目的を明確に押さえる

SEO対策をするキーワードを選定する前に明確にしておくことがあります。

最初にもお伝えしましたが、テーマと目的を明確にすることです。

それぞれのWebサイトにはテーマがあります。

「 デジタルマーケティング 」がテーマであれば、
「 デジタル広告 」や「 SEO 」に関する記事が中心になってくるはずです。

そこに「 スイーツ 」のテーマが
入り込んで来たらどういうことになってしまうでしょう。

ユーザーたちは、
デジタルマーケティングの情報を知りたいと思ったからこのWebサイトに来たのです。

スイーツのどのような価値ある情報でも無視されてしまう可能性が高いです。

そして、スイーツの情報がなぜこんなところにあるのかということで、
この Web サイトに対してユーザーたちは信頼度が落ちてしまい、
滞在時間などが落ちてしまいSEO対策的にも良くありません。

当たり前のことを言っているのですが、
Webサイト作成者のテーマが明確でないと、
このようなミスはが起こりやすくなります。

特に複数人で投稿をする場合は特に注意が必要になってきます。

また、Webサイトの目的が、
「 認知を広めたい 」
「 問い合わせや申し込みを増やしたい 」
「 商品、サービスを購入してもらいたい 」
という違いによっても、キーワードには変化が出てきます。

Webサイト作成している方々は、
とにかくブレのないWebサイトを構築していただきたいと思います。

《SEO 対策上のキーワード選定注意点②》
テーマ、目的を明確に押さえるターゲット・ペルソナの設定が必要

SEO対策をするキーワードに沿ったコンテンツを作成しているとき、
誰にそのコンテンツを提供したいと思っているか明確にする必要があります。

誰に届けたいのかが曖昧であったり、
すべての人たちに見て欲しいという欲求が
生まれたりすると、それだけでコンテンツに存在している
メッセージ性はかなり脆弱なものになってしまうでしょう。

なぜ出来るだけ多くの人に
メッセージを届けようと思うことがいけないのでしょうか?

マーケティングに対して言えば、
ターゲットを設定することが一般的流れだったのですが、
近年では顧客ニーズの多様化、また、ツールの進化など踏まえて
ペルソナを設定して、施策をおこなう傾向が高くなっています。

ここで、ターゲットとペルソナがどう違うのか明確にしておきましょう。

マーケティングでいうターゲットは、
性別、年齢、居住地などの属性によってセグメンテーションし、
どのような市場にアプローチすればいいかということを決定します。

ターゲットとともに、どの程度の市場の規模なのかも
しっかりポイントとしておさえる必要があります。

ペルソナは、ターゲットよりももっと詳細にユーザーを設定していきます。

ターゲットでは、性別、年齢、居住地などの属性でしたが、
ペルソナは、名前、家族構成、趣味、悩みなどと言ったことも具体的にして、
ひとりの架空の人物をイメージとして創造していきます。

ペルソナ設定によって、ユーザーの具体的行動、ニーズを読みとっていきます。

つまりペルソナがよく使う検索キーワードを知ることが、
対策キーワードを抽出する上で大事になってきます。

例えば10代と80代の人たちは、考え方も言葉遣いもことなります。

住んでいる地域や、育った環境や、趣味嗜好でも変わってきます。

どういった言葉で検索しているのかを知るというのは
キーワード選定をする上で大事なステップになってきます。

《SEO 対策上のキーワード選定注意点③》
ビッグキーワードとスモールキーワード

SEO 対策のキーワードには、
ビッグキーワードとスモールキーワードがあります。

ビッグキーワードとは、多くの検索意図やニーズが含まれ、
検索ボリューム( Google や Yahoo! などの検索エンジンで
キーワードが検索される回数が10、000を越えするようなキーワードです。

ビッグキーワードで検索結果の上位に表示することができれば、
一気に商品の認知度をアップさせることができます。

ただし、どのライバル企業も同じことを考えているため、
ビックキーワードで上位表示は難易度が高いとも言うことができます。

さらに、ビックキーワードは、
ひとつの単語から成り立つことが多いので、
そこには多様な意味が含まれユーザーがどのような検索意図で来たのか
的確にとらえるのはなかなか難しい面もあります。

一方、スモールキーワードは、検索ボリュームが
1、000以下と少ないキーワードのことを言います。

複数語句であったり、ニッチなワードが使われる傾向が高いため、
競合を回避することができるメリットがあります。

スモールキーワードを狙えば、
それほど上位表示も難易度が低いケースがあります。

しかし、スモールキーワードの問題は、検索ボリュームが少ないことです。

そのため上位に表示されたとしても
一気に流入アップを見込むことが出来ないかもしれません。

ただし、
それでもスモールキーワードで検索することは検索意図があきらかであり、
具体的にニーズのあるユーザーを期待することができます

《SEO 対策上のキーワード選定注意点④》
ユーザーはどのようなキーワードで検索するのか

SEO対策するキーワードをユーザーが検索した時に、
Webサイト作成者が作っている記事の意図が一緒の時が1番いい状態です。

しかし、それはなかなか難しいことです。

例えば、ある病院では、

膝の治療に実績を持っているから膝治療をしたいと
思っている患者様に更に多く来て欲しいと思ってるとします。

そこで、病院では、「変形性膝関節症 治療」というキーワード選定します。

いかにもその選定方法は正しい感じがしますが、どうでしょうか。

実際に変形性膝関節症の患者様が、
変形性膝関節症という病名をしっかり把握している必要がありますし、
かつ具体的に治療する意識がないとなかなかここにたどり着けないでしょう。

ですから、このようなケースでは、
「変形性膝関節症 治療」というキーワードにしてしまうのではなく、
「膝 痛い」と言ったもう少し広範囲にわたる
キーワードを選定した方が妥当だというケースがあります。

Webサイト制作者が、患者様の立場に立てなければ、キーワード選定をする時、
「変形性膝関節症 治療」がベストだと思ってしまうのではないでしょうか。

そのような意味では、商品であったり、
サービスから直接想起するキーワードには縛られないという意識が大事です。

ユーザーがどのようなキーワードで
検索するのだろうという視点に立って決める必要があります。

SEO 対策のキーワード選定の手順

SEO対策を始める上で、
このキーワード選定をどのように進めていけばいいか手順を解説したいと思います。

《SEO 対策上のキーワード選定手順①》
軸キーワード

まず、決めるべきものは軸となるべきキーワードです。

軸キーワードは、作成すべきコンテンツの方向性を決定するためにあります。

そもそも商品に対して最初から軸キーワードが決定していることもあります。

まずは軸キーワードとして、 検索ボリュームが大きく、
サイトの方向性に関係しており、シンプルな単語を選びます。

《SEO 対策上のキーワード選定手順②》
軸キーワードを膨らませる作業

軸キーワードを決定することができれば、
軸キーワードから更に、他のキーワードを膨らませていきます。

後で整理をしていくので、
ここではランダムに量を意識して選び出すといいでしょう。

様々な視点を持ち、キーワード選定をしてみましょう。

また、

  • サジェストキーワード
  • 関連キーワード
  • サイトの流入キーワード
  • 口コミ、SNSの発言

と言ったものを参考にしてみましょう。

サジェストキーワードという言葉も、
最近頻繁に聞く言葉ですが、
それは google にキーワードを入力した時に表示される「 候補キーワード 」です。

難しいことはなく、
サジェストキーワードは過去の存在している
データからアルゴリズムが自動で生成したものです。

充分に活用価値の高いキーワードです。

また、軸キーワード&○○○という感じで、
単語を組み合わせて別のサジェストキーワードも確認することができます。

サジェストを調べるには、こちらのラッコキーワードが便利です。

関連キーワードは、Google キーワードプランナーなどツールを使用して抽出します。

Google キーワードプランナーにおいても、
Google 検索で今どんな検索ワードが人気なのか、
また、その検索ワードをターゲットにしたら
どの程度の規模のユーザーがサイト流入してくれるのかを知ることができます。

サイトの流入キーワードは Google Search Console で行います。

実際に検索されるキーワードです。

そこでは、Web サイトに来てくれた
流入者の思いがけないニーズも確認することができます。

更に有効的キーワード選定材料は、口コミであったり、SNS です。

口コミや SNS と深く関わりユーザーのニーズを深堀してみましょう。

また、Yahoo! 知恵袋などまだ有効的に活用することができるものがあります。

《SEO 対策上のキーワード選定手順③》
キーワードのグルーピング

キーワードを可能な限り膨らませたあとは、キーワードを整理します。

  • 商品名
  • 価格
  • 機能性
  • 口コミ・比較
  • 悩み・課題
  • 商品ジャンル

あたりで分類してみましょう。

グルーピングすることができれば、
今回作成しているコンテンツに盛り込みたいニーズの検討をします。

果たしてそのニーズは成果に直結することができるでしょうか。

価格であったり、評判などのキーワードで検索しているユーザーは、
購入意欲が強ユーザーということができますが、
使い方、修理と言ったキーワードでは、
商品に関心を持っていたとしても購入意欲が高いとは言うことができません。

また、やっぱり「 家 」であったり、
「 車 」という漠然キーワードで検索しているユーザーよりも、
商品名を具体的に検索しているユーザーの方が
見込み客としてサイト目標に達する可能性が高いです。

問題は流入はあるけどなかなか成果が出ないという課題解決です。

考えるべきことは、
選定したキーワードが成果につながりそうなのかということです。

ただし、経営戦略としてはそれだけでは不十分、
ニーズの違っているいろいろなユーザーも Web サイトに流入させ、
結果どのような商品なのか知らせることもキーワード選定で
出来るということも頭の中に入れておくべきです。

《SEO 対策上のキーワード選定手順④》
競合サイトを確認

選定キーワードをある程度絞ることができれば、
次は検索ボリュームを確認してみましょう。

検索ボリュームの多いビックキーワードを選択した場合、
妥当なキーワードであると判断することができたとしても、
多数のライバル企業と向きあっていかなければなりません。

しかし、検索ボリュームが小さい方がいいということではありません。

そのようなキーワードでは、
大きな成果が期待できなくなってしまうでしょう。

検索順位をアップさせるため、
自身のWebサイトが、他の企業のWebサイトよりも優れているか
ということもじっくり検討する必要があります。

自身のWebサイトの良し悪しは、
決して自身の Webサイトを見ているだけでは見えてきません。

他のWebサイトを見て比較することが大事です。

そのようなとき、
実際に具体的なキーワードで検索してみて
上位表示されたサイトが戦うべきライバルサイトということになります。

ライバルサイトをチェックして、
満たしているニーズ、ポイントなどあれば、
自身のサイトにも組み込むとういうのが正しい方向性です。

また、逆のパターンもチェックしてみましょう。

もしも他のWebサイトにない自身のニーズ、ポイントを見付けることができれば、
それが自身のサイトの強みということになります。

《SEO 対策上のキーワード選定手順⑤》
SEO対策のキーワードを決定する

ここでSEO対策のキーワードを決定します。

ただし、キーワード選定は、一回では完了出来ないものと考えてください。

Webサイトを作成している方々は、
定期的にはユーザーのニーズと一致できているか、
狙いは合っているか見直し作業が必用となります。

キーワード管理表などを作っておくとなぜキーワードを変更したのか、
増やしたのかを記録に残しておくと便利です。

SEO 対策として選定したキーワードをどのように文章に含めるか

実際に「 ダイエット 」というキーワードを使用して
SEO 対策をする時、記事にはダイエットというキーワードは
いくつ出現するものなのでしょうか。

キーワードの数は、昔 SEO 対策としてかなり重視されていました。

現在、キーワードの数に対してどのような傾向があるのでしょうか。

結論を言えば、現状ではキーワードの数はあまり関係がない
と言われるようになって来ました。

記事内に、2~3つほどの数しかキーワードがない状態でも
上位表示されているケースがあります

もちろん、キーワード出現ゼロというのはいい訳ではありませんが、
頑張って数十入れる必要はなくなって来ました。

現在は、
キーワード出現率が検索エンジンの評価に及ぼす影響は小さいと考える傾向が高く、
規準を満たす必要性はありません。

しかし、全くキーワードを気にしなくていいということではなく、
気にするべき箇所もあるということを覚えておくべきです。

序盤には 5~6個

現在、
序盤にキーワードを数多く入れておくことで
SEO 対策として効果的であることが判明しています。

ダイエットというキーワードがあれば、
リード文や序文の部分に
「 ダイエット 」という言葉を5〜6個入れることが効果的です。

リード文にそのキーワードを5~6個入れただけで、
50位程度のWebサイトが、1ページに浮上したという例もあります。

そして、キーワードを抜いてみたらまたランキングダウンしてしまったので、
キーワードの効果は一目瞭然です。

それは、google が、
序盤にある程度キーワードがあるサイトを評価しているということです。

クローラビティを考えても、
上から基本的に読んでいきますので、文章の内容を理解させるためにも
上位部分に表示させておくと良いでしょう。

タイトルにもキーワードを入れる

当然のことと言ってもいいのでしょうけど、
記事にキーワードの数を意識することよりも大事なのは、
タイトルにキーワードを入れることです。

ダイエットで上位表示を意識しているのなら、
当然、タイトルにはダイエットというキーワードは入って来ます。

キーワードは、左側に寄せた方がいい
ということも書かれている記事がありますが、
それに対しては特にそういうことはないと判断しています。

しかし、もし心配ならおさえておくといいでしょう。

h2 タグにキーワード

h2 タグ、つまり見出しにもキーワードを入れることが大事です。

h2 タグにキーワードを入れるのなら、
さらに目次( 記事内リンク )も意識してください。

ただし、h3 に対しては、それ程意識する必要がないという見方が多いです。

h3 にまでキーワードを入れてしまうと、
Webサイト自体、不自然ですので無理しないようにしてください。

alt 属性もキーワードは、敢えて必要ありません。

キーワードの数より単語数が大事

SEO 対策としてキーワードの数は今はそれ程気にする必要はありません。

どちらかといえば、大事なのはキーワードの数よりも単語の数です。

単語の数とは、もしダイエットのキーワードで書くとすれば、
体重であったり、スケジュール、肥満と言った言葉です。

このような単語を一区切りとして検索エンジンは認識しています。

google では、クオリティーの高いインフォメーションを
積極的に提供することをいつも考えています。

そもそもキーワードをどんなに適切に盛り込んだとしても、
コンテンツがニーズに不一致であれば上位表示となるのは難しいでしょう。

その他おさえるポイント

google では、量を重視していると言われていますので、
文字数あたりを頭におく必要があります。

さらに Web サイトの中に、他のページへのリンクを張ると、
SEO 効果に有効的ではないかということが言われています。

リンクは、関連性の高いページである必要があります。

無関係であれば google からは評価を得ることはありません。

そして、スピードも大事です。

Web サイトの表示はできるだけスピーディーにということが求められています。

クリックして、ページスピードが遅いものはコンテンツで有益なものであっても、
なかなかいい評価は得ることができません。

ページ表示スピードも SEO 対策に無関係ではありませんので、
画像の容量を減らす、無駄なコードを減らすなど工夫をしてみましょう。

SEO 対策の外部対策

今までお話ししたのは、SEO 対策の内部対策についてです。

最後に、SEO 対策の外部対策についても少しお話ししておきます。

先ほどお話させていただいた被リンクとは、
自社サイトのリンクを外部の Web サイトから張ってもらうことを言います。

まずは、クオリティーの高いブログであったり、
サテライトサイトを自社で作成して、
そこにリンクを張ることで被リンクがいい効果をもたらしてくれます。

また、外部のクオリティーの高いサイトに
自然にリンクを張ってもらうことが好ましいのですが、
そこまで待っている時間がないという方々は、
大手のニュースサイトにプレスリリースを掲載してもらったり、
インタビュー取材を受けて記事化する
……などと言った様々な方法について考えてみましょう。

SEOの外部対策は大事ですが、
まずは内部対策が土台になりますので、
こちらをしっかり整えるが SEO 対策の基本になります。

SEO 対策の会社を利用することは妥当か

SEO 対策についておおかたは理解することができたでしょうか。

しかし、まだ SEO 対策についてわからない、
また本業が忙しくてなかなか SEO 対策と真剣に向きあうことができないことがわかった
という企業の方々もいらっしゃることでしょう。

SEO 対策を専門の会社に任せるというのも
選択肢のひとつとして考えておくといいです。

ただし、SEO 対策会社に依頼する時には、このようなことを注意してください。

SEO 会社は、いろいろなタイプがあり、
キーワード分析からサイトの最適化や効果測定全部 OK の会社もあれば、
リンクを張るだけという会社もあります。

ですから、どこの SEO 会社でもいいから任せてしまおうということではなく、
SEO 会社に対して何をして欲しいのかを
あらかじめこちらが明確にしておく必要があります。

ですから、一概には料金の高い SEO 会社がいい会社である
とは言えないところがあります。

また、SEO 会社には、成果報酬タイプと固定報酬タイプがありますので、
そのあたりもどちらが自社向きであるかをよく検討してみましょう。

ちなみに CREATAS は固定報酬+成果報酬
という形を取らせていただいてます。

最低限実費でかかってくる費用分をいただき、
上位表示の際に成果報酬が発生してくるという形になります。

双方の負担を減らし、
win-win で末長くお付き合いできたらと思っております。

【まとめ】SEO 対策最重要!キーワード選定方法のポイントと手順

SEO 対策をする上でキーワード選定は非常に大切です。

この記事でその手順や注意点がわかっていただけたかと思います。

今回、キーワード選定を軸として、SEO 対策について解説をしました。

手順を説明しましたので、
それに従い行えば間違いのないキーワード選定は行うことができるはずです。

SEO 対策のキーワード選定が難しいと思うのは、選定は1回で完了ではないことです。

キーワードごとの検索ニーズは変化していくものです。

サイトの掲載順位、成果を見ながらいつも最適なキーワードを探す必要があります。

そのような時間がないという方々は、
SEO 対策の会社に任せるのも選択肢のひとつとして考えるといいでしょう。

-SEO対策
-, , ,