SEO ライティングで売れるWebサイトにする方法

SEOライティングを意識してすぎて、不自然な日本語になることがありませんか?Webサイトの目的は上位表示させることではありません。売れるサイトを作ることです。その為には、サイト訪問者と信頼関係(ラポール関係)を築いて問い合わせをしていただく必要があります。

常に、インターネットの先には人がいることを意識して、その人がどのような目的で、どうして貴社のサイトに訪問しているのかを考えて関係構築をしなければなりません。訪問者のニーズがどのようなものであるのか、どういった情報が求められているのかを適切な形でわかりやすく提供することで、離脱率が低下して滞在時間が長くなります。サイト内回遊が増えて、良い評価を得られ上位表示がしやすくなります。

キーワードや類義語等々はもちろん大事ですが、それ以前にニーズにしっかりと答えて行くことがSEO ライティングの大前提になります。SEO ライティングは今や質が一番大事と言われています。そのコンテンツの質を評価する上でGoogleが提唱しているのが「E-A-T」になります。

SEO ライティングの E-A-Tとは?
専門性(Expertise)

専門性とは、Webサイトが特化しているテーマのことです。専門性が高い Web サイトの方が訪問者ユーザーが知りたい情報にアクセスしやすくより、正しい情報を発信している可能性が高くなります。

昨今では、キーワードも細分化され、Web サイトの数も多くあります。超特化と呼ばれる専門サイトも増えてきています。1つのテーマに焦点を当てて、ライティングを行い情報提供をした方が、検索ユーザーのニーズを満たすことができます。

SEO を意識する場合、オリジナリティというものが上位表示の要因の1つです。こちらは、類似情報が蔓延してしまうことを防ぐためです。その為、専門家を取材したり、街角インタビューを行ったり、実際の経験談など一時情報が非常に大事になってきます。

SEO ライティングの E-A-Tとは?
権威性(Authoritativeness)