SEO対策

【初心者向け】SEOライティングの書き方とは?|書く時のポイントや注意点をわかりやすく解説します!!【上位表示を狙うなら必須です】

「SEOライティングの書き方がイマイチよく分からない」

そんな疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

SEOライティングが大切だとは聞くけれど、実際にどんなことに注意しながら書いていけばいいのかは分からなかったりしますよね。

そこで、今回はSEOライティングの書き方を分かりやすく解説していきます。SEO対策でやるべきことは、下記をご参照ください。

SEOとは?上位表示を目指す具体的なSEO対策ポイント
SEOとは? 押さえておくべき24のSEO対策方法とポイント

SEOとは、検索ユーザーが求める有益なコンテンツを提供し、検索エンジンに正しく評価されるよう最適化することを意味し、SEO対策はそれら一つひとつの施策です。ここではGoogleの考え方、SEO対策の具 ...

www.gyro-n.com

上記のSEO対策にプラスで、上位表示させるためにはSEOライティングが必須になります。SEOライティングに関して、どのように書いたら良いか分からないという方は必ず最後まで読んでください。

SEOライティングの書き方とは?を解説する前に

SEOライティングの書き方を解説する前に、まずは「SEOライティングとは何か」を解説していきます。

SEOライティングとは

SEOライティングとは、GoogleやYahoo!などに評価されるようにコンテンツの質を上げることを目的としています。

より具体的に解説していきます。

まず、SEO対策を施策して検索エンジンの上位に表示されるためには、クローラーというロボットに見つけてもらい、サイトやブログ記事の価値が高いと判断される必要があります。

たくさんあるサイトの価値を判断するために、Google内ではアルゴリズムという指標が組み込まれています。

つまり、SEO対策でやるべきことは「クローラーに見つけてもらうこと」「アルゴリズムに価値が高いと判断してもらうこと」の2つです。

そして、SEOライティングは何のためにやるかと言うと、「コンテンツ価値が高いと判断してもらう」ために行うものです。

検索エンジンのアルゴリズムは価値が高いコンテンツだと判断してもらうために必須となります。

SEOライティングは必要?

「 基本的なSEO対策をしていれば、SEOライティングは必要ですか?」と聞かれることがよくあります。

結論から言うと、「SEOライティングは必須」です。

SEOライティングは、SEO対策の一部と考えています。

CREATASでもお付き合いさせて頂いてる会社様のライティングを SEO 対策を行う際に変更したりすることはよくあります。

コンテンツの質を上げるための施策をうたなければ、検索エンジンの検索結果に上位表示されることはまずありません。

ただ、書くことだけを目的としていて、商用でなければ SEO ライティングは必要ありませんが、「アフィリエイト収入につなげたい」「低コストでブランディングをしたい」と思う方は SEO ライティングは必ず実施するようにしましょう。

SEOライティングの手順

次は、SEOライティングをする手順を解説していきます。

SEO ライティングはコンテンツの質を上げるためのものなので、手順というのは、コンテンツを作り上げる手順でもあります。

ただやみくもにコンテンツを作っても、上位表示されることもなければ、読者に価値を感じてもらうこともできません。

これから解説する手順を踏んで、コンテンツを作るようにしてください。

SEOライティングの手順①
ターゲットを決める

SEOに限ったことではありませんが、何かコンテンツを作る時は最初にターゲットを決めます。

どんな人に向けたコンテンツなのかを決めることが最初にやるべきことになります。

「ペルソナ」と言うときもあります。

ペルソナとターゲットは厳密には違います。

ターゲットとは、「 実在している集団 」を指すのに対し、ペルソナは「実在しているかは関係のない個人」のことを指します。

コンテンツを作成する時に最初に決めるのは、「ペルソナ」です。

どんな人に自分のコンテンツを見て欲しいのかを決めます。

見出しに、「 ターゲットを決める 」と記載しましたが、正しくは「 ペルソナを決める 」です。

SEOライティングの手順②
キーワードを決める

ペルソナを決めたら、次は「キーワード」を決めていきます。

キーワードは、コンテンツの方向性やコンセプトを決めるものなので、とても重要なものになります。

ただし、このキーワードもなんとなくで決めてはいけません。

キーワードを決める時は、手順➀で決めたペルソナがどんなキーワードで検索をするかを考えて決めます。

例えば、「ダイエット」というテーマでコンテンツを作る時に、ペルソナが過去に挫折したことがある人なのかどうなのかによってもキーワードは変わってきます。

キーワードとは、そのキーワードで検索された時に自分のコンテンツが出てくるように設定するものなのでペルソナの立場にたって考えることが必要になります。

ペルソナの立場にたって、キーワードを考えなければ、ペルソナでない人に自分のコンテンツが表示されてしまい、価値を感じてもらえなくなってしまいます

そのため、ペルソナの立場にたってキーワードを考えることが求められます。

SEOライティングの手順③
コンテンツの構成を考える

次にやるべきなのは、「コンテンツの構成を考える」ということです。

ペルソナを決め、キーワードを決めたら、次は構成を考えていきます。

構成とは、「ユーザー心理」や「コンテンツの構成や方向性」を決めていきます。

いきなりコンテンツを作成し始めるのではなく、まずはコンテンツの構成を考えてから作成し始めるようにしましょう。

SEOライティングの手順④
コンテンツを作成し始める

ここまでの手順を全てクリアしたら、コンテンツを作成し始めます。

ペルソナやキーワードに合わせたコンテンツを作成していきましょう。

そして、コンテンツを作成する際に、今回お話ししているSEOライティングを意識して作成していきます。

詳しいSEOライティングのやり方に関しては次の章で解説していきます。

SEOライティングのポイント

では、SEOライティングのポイントについて解説していきます。

SEOライティングは、コンテンツの質を上げるために行います。

コンテンツの質を上げ、価値が高いサイトだとGoogleに判断してもらえるようにこれから解説するSEOライティングをしっかりと行っていきましょう。

ユーザーに分かりやすい文章にする

まず、コンテンツを作成する上で意識したいのは、分かりやすい文章にするということです。

コンテンツを作成する時に、論文やレポートみたいに難しい文章にしたり、指示語を多用したりすると読みづらい文章になります。

「小学生でも読めるレベルにしろ」と言う方もいるぐらいです。

文章はわかりやすいように作成しましょう。

具体的には、画像を入れたり、表を作成したりしましょう。

また、改行したり箇条書きにしたりして、文章がずっと続くというのも読んでいてストレスになるため、気を付けましょう。

わかりやすい文章の方がGoogleにも良い評価をされやすいです。

タイトルにキーワードを含める

「タイトルにはキーワードを含む」ようにしましょう。

例えば、選んだキーワードが「ダイエット 食事制限」というキーワードなら、この「ダイエット 食事制限」を含めたタイトルにする必要があります。

理由は単純で、タイトルというのはコンテンツの方向性やコンセプトを表し、キーワードも方向性やコンセプトを表すもので同じだからです。

同じものを表すのに、バラバラだと何に関する記事かが明確にならないため、Googleからは価値が高いものだと判断されにくくなります。

E-A-Tを含める

E-A-Tとは、

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

の3つの頭文字を取ったものです。

この3つの要素をコンテンツに含めるようにしましょう。

E-A-Tは、Googleがページの品質を評価する要素の1つとして挙げられています。

SEOライティングを行う際は、著者情報を載せるなどして、内容の信憑性を高めるようにしましょう。

特に、医療系やお金に関する分野はよりE-A-Tが重視されます。

Expertise(専門性)

専門性とは、特定の分野に関して深い知識や経験のことを指します。

内容としては、誰にでも書けることを書くのではなく、自分にしか書けない内容を書くことが大切です。

自分の経験をもとに、自分にしか書けない内容でコンテンツを作成できれば、後で解説する「オリジナリティ」にもつながります。

Authoritativeness(権威性)

権威性とは、その分野において優れた存在であると認められることです。

この権威性に関しては、すぐに得られるものではありません。

そのジャンルで発信をし続けることで徐々に知名度が上がっていき、ブランディングができてきます。

コンテンツを作成する際は、権威性がある人が書いた方がもちろん上位表示されやすくなります。

Trustworthiness(信頼性)

信頼性とは、読んで字の如くですが、発信している情報が正しいと認められることです。

情報社会になる世の中で、インターネット上には嘘の情報も紛れ込んでいます。

たくさんある情報の中で、自分の情報が正しいと思ってもらうには、権威性につながる部分もあります。

この信頼性に関しても、一朝一夕で得られるものではないので、根気強く続ける必要があります。

オリジナリティを含める

Googleの評価も明言していることですが、オリジナリティがあるコンテンツの方が価値が高いと判断されます。

なので、オリジナリティを含めるようにしましょう。

自分にしかできない表現方法を用いたり、図解をしたりして、ユーザーにとってこの情報は役に立つと思ってもらうことが大切になります。

例えば、「ニキビ予防 習慣」とユーザーが検索した時に、上位表示された10個のサイトの内容がほぼ同じであれば、ユーザーは価値を感じませんよね。

このような事態になることを防ぐために、Google側もオリジナリティのある記事を価値が高いと判断するようにアルゴリズムに組み込まれています。

専門用語を使いすぎない

専門用語を使いすぎないということも大切です。

先ほどE-A-Tの解説をした時に、専門性を高めた方が良いのではないかと思う方も多いかもしれません。

しかし、専門性を高めるというのは、専門用語を多用しろという意味ではありません。

専門性を高めるというのは、あくまでも一つの分野に特化した深い情報を発信しようという意味です。

専門用語は、どうしても一般のユーザーには伝わりません。

その専門用語を多用しすぎると、結果としてよくわからないコンテンツだと判断されてしまう可能性もあります。

ターゲットにしている層の大半が知らないような専門用語であれば、注釈をつけるなどをしてより理解しやすいコンテンツ作りが求められます。

おわりに

今回はSEOライティングについて、必要性や書き方、書く時の注意点などをお話ししてきました。

ここまでの内容をまとめていきます。

まず、SEO ライティングは必要です。

SEO対策をして、自分のサイトやブログ記事を検索エンジンの検索結果に上位表示させるためには「クローラー」というロボットに見つけてもらい、「価値の高いコンテンツ」だと認めてもらうことが必要になります。

価値の高いコンテンツだと判断してもらうためには、SEO ライティングは必要です。

SEO ライティングをしなければ Google に良い評価をされることはありません。

そこで、Google に良い評価をしてもらうためにも、まずは自分のコンテンツが誰に向けたコンテンツなのかを明確にしましょう。

そのためにもペルソナを決める必要があります。

ペルソナを決めたら、次はペルソナが検索しそうなキーワードを決めていきます。

このキーワードがコンテンツの方向性を決めるので、とても重要になります。

キーワードを決めたら、実際にコンテンツを作り上げていきます。

コンテンツを作る時に、先ほど解説したポイントを意識して書くことが重要になります。

コンテンツを作成する際に意識するポイントはたくさんありますが、一番に意識することは「ユーザー目線に立つ」ということです。

ユーザー目線で分かりやすい文章を心がけましょう。

簡潔な文書で、ユーザーにとって有益な情報を提供するようにしましょう。

今回解説した内容をしっかりと理解し、実践してもらえれば基本的なSEOライティングは問題ありません。

しかし、これだけではありませんので、より詳しいSEO対策について知りたいという方は
下記を参考にしてください。

初めてのSEO対策
【 初心者向け 】SEO 対策とは?仕組みとやり方をわかりやすく解説|低コストでサイトを上位表示させたい方は必見!! | <東京のSEO対策会社>Web集客ならCREATAS
【 初心者向け 】SEO 対策とは?仕組みとやり方をわかりやすく解説|低コストでサイトを上位表示させたい方は必見!! | <東京のSEO対策会社>Web集客ならCREATAS

「SEO 対策って何をすればいいかやり方がわからない。」 そんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。 確かに、SEO 対策という言葉はよく聞きますが、具体的に何から始めていったらいいか分から

creatas.tokyo

しっかりとSEO対策をして、自分のコンテンツを上位表示させましょう。

-SEO対策