BtoB SEO対策

【知らないと損する!?】記事を外注する際の注意点と依頼の仕方を解説!!|依頼を考えている方は必見です。

記事外注を考えているけれど、どこにどう頼めば良いかわからない」

記事の外注をする際にこのような悩みを考えている方も多いのではないでしょうか。

外注先を選ぶ時にどのようなところに気をつけて選べば良いのか、
選んだとしてどのように依頼を出せば良いのかという質問をよく頂きます。

今回の記事では、実際に記事の外注をする際の注意点や、
いい記事を書いてもらうための依頼の仕方を解説していきます!

記事の外注に関して後悔の無い選択と、
失礼のない頼み方を詳しく知りたいという方は必ず最後まで読んでください!

記事を外注する際のメリット・デメリット

記事を外注する際の注意点や依頼の仕方を解説する前に、
そもそも記事を外注することのメリットとデメリットを解説していきます。

記事を外注することのメリットとデメリットを把握することは、
記事を外注することでできることとできないことを理解することに繋がります。

そもそも記事の外注をやめておいた方がいいと思ったり、こんなメリットがあるなら
外注をしてみようと思う方もいるかと思うので参考にしてみてください!

記事を外注するメリット

まずは記事を外注することのメリットから解説をしていきます。

記事外注のメリット1:成果が早い

記事を外注することのメリットとして、
最大のメリットとも言えるのが「成果が早い」ということです。

記事を自社の社員に任せても書くことはできますが、
その間は他の作業ができなくなります。

そうすると会社全体の生産性が下がり、会社自体の成長速度も下がります。

また、記事に関しては成果が出るまでにどうしても時間はかかるので、
社員に長期間、業務としてやって欲しいこととは違うことを
やらせてしまうことになるかもしれません。

そうなってしまっては本末転倒なので、
記事は外注して、社員には他にもやってもらべきことをやってもらう方が
会社にとっても良いでしょう。

また、記事作成をたくさんの方に外注することができれば、
短期間でたくさんの記事が完成することになりますが、
これは自分たちの記事を上位表示させるにあたってもプラスの影響を与えます。

例えば、100記事を半年かけて作成して投稿するよりは、
100人に1人1記事を執筆してくれるように依頼をして
1日で100記事を投稿した方が圧倒的に早く成果が出ます。

また、外注した方がトータルで安く済むということもあります。

社員が本当はやるべき業務でない記事の作成をすると
会社全体の生産性も下がるためです。

もちろん、SEO対策など任せる業務の範囲にもよりますが、
記事は外注した方が成果も早く出るし、
会社もより早く成長するというメリットがあります。

記事外注のメリット2:記事の質が担保できる

次に記事を外注することのメリットの2つ目は
「記事の質が担保できる」ということです。

もちろん社員に任せたとしても記事を書くことはできますが、
記事の質はどうしても劣ってしまいます。

普段から記事を書いている方はやはりきれいな記事の作成をしてくれます。

ユーザーに見られるものとして、
記事の質というのはとても大切になります。

その質を担保するためにも記事の外注は向いていると言えます。

また、ある程度記事を執筆している人であれば
SEO 対策などに関しても詳しいこともあります。

SEO 対策周りの基本知識を得られるというのも
記事を執筆することのメリットと言えるでしょう。

記事外注のメリット3:価格が安い

記事の外注だけであれば価格はかなり安くつきます。

もちろん、上記で説明した通り、任せる業務の範囲によりますが、
記事の作成だけであればコストはかなり安く抑えられます。

記事を作成するためだけの社員を一人雇って記事を書いてもらうよりも、
複数の方に記事の作成を依頼して任せる方が
一人あたりにかける人件費も安くつきますし、成果も早いです。

例えば、文字単価が1円だとします。

5000 文字の記事を1ヶ月間、毎日書いてもらったとしても、
1 円× 5000 文字= 5000 円、
5000 円× 30 記事= 15 万円で済みます。

おそらく社員を一人雇ったとしても、毎日執筆するのは難しいですし、
15万円以上のお給料を渡すことになると思うので、
価格を安く済ませるという意味でも
記事の外注はオススメです。

記事を外注するデメリット

次は、記事を外注することのデメリットについても解説をしていきます。
記事を外注することにはメリット以外にもデメリットももちろんあります。

そのデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

記事外注のデメリット1:費用がかかる

価格が安いことが外注することのメリットだとお伝えしましたが、いくら安いとは言え、
少なからず費用がかかることは覚えておきましょう。

基本的には、外注した方が総合的に見て安くなるというのはほぼ間違いありません。
社員には社員にしかできないことをやってもらい、外注先には外注先にしかできないことを
やってもらう、つまり適材適所が大切になります。

記事外注のデメリット2:連携が取りづらい

外注することのデメリットとして、外注先と連携が取りづらいというのが挙げられます。
連携の取りやすさを売りにしている外注先もありますが、外部の人間なので、どうしても
連携は取りづらいです。

作って欲しいメディアになかなかならなかったり、外注先の意図やこちら側の意図がなかなか
伝わらないので、納得のいくものができ上がるまでには少し時間が必要です。

親切な外注先であればzoomなどでお話しをしてくれることもありますが、そうでないことの
方が圧倒的に多いので、文字だけのやり取りになることは多いです。

だからこそ起こるトラブルもあります。
例えば、意図していた通りに伝わらず何度も修正をすることになって返って時間がかかって
しまったり、相手と突然連絡が取れなくなってしまうということもあります。

そのようなこともあるということは理解しておきましょう。

ここまで記事を外注することのメリットとデメリットについて解説をしてきました。
総合的に見て、会社の成長を考えるのであれば記事制作は外注することをオススメします。

ですが、実際に外注をする前に確認すべきことがありますし、どこに外注をするかは
とても重要な要素になります。

ここからは実際に外注をする際に、まずは外注前にチェックすべきことと、外注先を決める時に
注意すべきことを解説していきます。

記事を外注する前にチェックすべきこと

では、まずは記事を外注する前にチェックするべきことから解説をしていきます。
ここで解説することは、あなたが外注前にしておくべきチェック項目です。

実際に外注する前にはチェックするようにしましょう。

記事を外注する目的を明確にする

まず最初にチェックするべきこととしては、「記事を外注する目的を明確にする」という
ことです。記事を作ろうと思っているから、とりあえず外注をしようという気持ちで外注を
するのは危険です。記事外注をする目的としては、例えば、

・「記事を外注してやるべきことに集中したい」
・「質の高い記事を作成したい」
・「SEO対策まで考えた記事を作成して欲しい」

など、記事を外注する目的を明確にしておく必要があります。
その目的に応じた依頼先に依頼する必要があるからです。

例えば、目的が「SEO対策まで考えた記事制作」なのであればそれに特化した人に任せるべきです。
記事の制作だけであれば、最近では副業をしている主婦の方でもできます。しかし、主婦の方にEO対策まで
してくれというのは酷な話です。その方もできないですし、こちらも目的の達成ができません。

SEO対策まで考えた記事作成なら業者に依頼するのが一番確実と言えます。
このように目的に応じて依頼先も異なってきますので、まずは目的を明確にするようにしましょう。

予算を計算する

次にやるべきことは「予算の計算」です。
記事はどうしても成果が出るまでに時間がかかりますので、最終的なリターンから
予算を計算する必要があります。

最初は記事で全く利益が出ていなくても最終的に利益を出せればそれで構わないわけなので、
コストと最終的な収益から計算をして予算を決めるようにしましょう。

よくありがちなミスとしては、予算を削った結果、あまり収益が伸びず、ただお金だけを
中途半端に使って終わったというパターンがあります。

これだけの予算をつぎ込んで大丈夫かなと思うような状況からスタートする方が結果もよかったりします。
ただ、大金を失うだけで終わってしまっては意味がないので、後で解説する依頼先を選ぶ際の注意点もしっかりと
読んでくださいね!

構成案をまとめておく

目的を明確にし、予算も決まったら、あとは構成案をまとめておく必要があります。
これは今回の大きなテーマの一つでもある「依頼の仕方」にも関わります。

たまに依頼だけして、後は外注先に丸投げという依頼主がいますがこれは失礼に値します。
どのような記事にしたいのか、キーワードは何なのか、記事の特徴はどういったものなのか、
ペルソナの詳細はどういったものなのかなど伝えておくべきことをまとめておき、相手に
伝えられるようにしておきましょう。

ただ、依頼だけして後は丸投げだと失礼ですし、今後依頼を引き受けてもらえなくなります。
依頼する礼儀として必ず相手に伝えるようにしましょう。

詳細も伝えず丸投げにして、もし修正して欲しいところがあれば、気持ち的にも伝えづらい
ですし、相手からしても「先に言っといてくれよ!」となってしまうのは当たり前です。

外注先を選ぶときの注意点

記事を外注する前にチェックするべきことは、依頼主側でやっておくべきことでしたが、
最後にお伝えするのは、外注先を選ぶ時の注意点です。

どこに任せるか品定めをしていきます。こから解説することに注意して、どこに依頼するかを
決めるようにしましょう。

クオリティの確認

まずは外注を検討している相手の記事のクオリティを確認しましょう。
安ければクオリティが低く、高ければクオリティが高いというのはそうかもしれませんが、
それだけで決めるのは判断が早すぎます。

必ず相手がこれまでに書いた記事などを見せてもらってクオリティの確認をしましょう。
見せてもらったクオリティが求めているレベルに沿うものでなければ、そこに依頼する
のはやめておきましょう。

依頼してこちらが求めているレベルでなかった時に予算の無駄使いになる可能性があります。

外注先のスキルを確認

外注先のスキルも必ず確認しておきましょう。
ここで言うスキルとは、記事のクオリティももちろんそうですが、「専門性」の確認です。

どれだけ記事に詳しいのか、SEO対策について知識があるのか、どれだけの実績があるのか
など、記事はただ書けば良いというわけではないので外注先として検討している相手の
知識やスキルや実績などを必ず確認しておきましょう。

これも確認せずに依頼をしてしまうと、目的に沿わない記事になる可能性が高くなります。

丁寧・誠実さの確認

丁寧で誠実な相手かどうかというのもとても重要な確認項目です。
例えば、丁寧でない人に仕事を依頼しても気持ちよく依頼できないですし、
記事の構成など、どこかで適当な部分が出るのではないかと不安になります。本当に力のある人は
相手を不安にさせたりはしません。

また、誠実さに欠けているとこちらの意図を汲んでくれない可能性もあります。
「こんな記事にして欲しい」と伝えても、その通りにやってくれなかったり、連携をなかなか
取れなかったりします。

なので、記事の外注をする時は丁寧かどうか、誠実かどうかを確認しましょう。
丁寧さや誠実さに欠ける人は、たくさんの人が読む記事においても丁寧さや誠実さが欠ける文章に
なってしまいますので、そういったところには依頼をしないようにしましょう

おわりに

今回は記事を外注する時に注意すべきことと、依頼の仕方について解説をしてきました。
記事の外注をするうえで大切なことは、依頼する側の準備と、依頼先の見極めです。

依頼する側の準備としては、まずは依頼の目的を明確にしましょう。
目的が不明確だと外注をしても思ったような結果を得られないということがあります。

また、予算であったり、相手に対してどのような構成で進めたいのかをまとめておくことも
大切です。しかるべき準備はしっかりとしておきましょう。

準備ができたら、外注先を選んでいきます。外注先を選ぶ時は、目的を達成できそうな
外注先なのか、丁寧さや誠実さを確認するようにしましょう。

準備がしっかりとできて、外注先も決まったら、あとは連携を取りながら記事を制作をしてもらい、
あなたの望む記事を作成してもらいましょう。

コストなどを考えると記事を外注するのは後ろ髪を引っ張られると言う方も多いですが、
社内でやるよりは外注した方が確実に会社の成長につながります。

今回の記事を何度も読み返して、成果の出る記事制作を依頼しましょう!
最後まで読んで頂きありがとうございました。

-BtoB, SEO対策
-, ,