売れるWebサイトにするためのSEO ライティングの書き方

SEO ライティングで売れるWebサイトにする方法

SEO ライティングを意識してすぎて、不自然な日本語になることがありませんか?

Web サイトの目的は上位表示させることではありません。売れるサイトを作ることです。その為には、サイト訪問者と信頼関係(ラポール関係)を築いて問い合わせをしていただく必要があります。

常に、インターネットの先には人がいることを意識して、その人がどのような目的で、どうして貴社のサイトに訪問しているのかを考えて関係構築をしなければなりません。訪問者のニーズがどのようなものであるのか、どういった情報が求められているのかを適切な形でわかりやすく提供することで、離脱率が低下して滞在時間が長くなります。サイト内回遊が増えて、良い評価を得られ上位表示がしやすくなります。

しかし同時に、Google の AI (人工知能クローラー)は優秀といいつつも、完璧ではありません。そのため、ユーザービリティと同時にクローラービィティと言う、AIにもわかりやすい文章を考えていかなければなりません。

信頼される記事を作るためのSEOライティング術、E-A-Tとは?

キーワードや類義語等々はもちろん大事ですが、それ以前にニーズにしっかりと答えて行くことがSEO ライティングの大前提になります。SEO ライティングは今や質が一番大事と言われています。そのコンテンツの質を評価する上でGoogleが提唱しているのが「E-A-T」になります。

SEO ライティングの E-A-Tとは?
専門性(Expertise)

専門性とは、Webサイトが特化しているテーマのことです。専門性が高い Web サイトの方が訪問者ユーザーが知りたい情報にアクセスしやすくより、正しい情報を発信している可能性が高くなります。

昨今では、キーワードも細分化され、Web サイトの数も多くあります。超特化と呼ばれる専門サイトも増えてきています。1つのテーマに焦点を当てて、ライティングを行い情報提供をした方が、検索ユーザーのニーズを満たすことができます。

SEO を意識する場合、オリジナリティというものが上位表示の要因の1つです。こちらは、類似情報が蔓延してしまうことを防ぐためです。その為、専門家を取材したり、街角インタビューを行ったり、実際の経験談など一時情報が非常に大事になってきます。

SEO ライティングの E-A-Tとは?
権威性(Authoritativeness)

権威性というのは、一体誰の発言やリソースを元に記事を作っているか。また、どういった人が記事をライティングしているのかということです。

わかりやすいところで言うと、医療系の記事です。こちらは、今はほとんど医者・看護師・管理栄養士などの一定の資格がある人が書いた記事でないと上位表示が取りづらい業界になってしまっています。

健康系のメディアで上位表示を狙っていく場合は、ずらしキーワードや狙っていくキーワードを工夫するか、そういった資格を持っている専門ライターに頼むことをお勧めします。

SEO ライティングの E-A-Tとは?
信頼性(Trustworthiness)

信頼性とは、その記事が正確な内容なのかどうかと言うことです。こちらの信頼性に関しては全ての記事に関して言えることで、Googleとしても永遠の課題とも言える内容かもしれません。昨今フェイクニュースなどが話題になったこともありましたが、如何に記事の信頼性を担保するのかと言うことです。

面白いコンテンツであればシェアされてしまう時代なので、単にアクセス数だけでは記事が正しいかどうかは判別できません。上記2つで示した専門性と権威性を見つつ、多角的な判断が求められていくことでしょう。

ライティングする際にも、自分のライティング内容が正しいと思えるエビデンスを提示していくことは長期的な目線で重要になっていきます。

SEOを意識する場合は、コピー率が低いライティングをしよう

SEOを意識する場合、大切になってくるのがオリジナリティのあるライティングが出来ているかどうかです。記事外注が増える中で、似たような内容をコピーして記事を作ってしまうようなライターも多くいます。Google側からしたら他と似ている記事を量産してしまってもメリットは全くありません。

そこで、ライティングをした場合、いかに他の記事と差別化が出来ているかが大事になってきます。同じコンテンツでも、別の視野や情報充実度、まとめ方など他のWebサイトと比較して出来る限りユーザーが見やすくわかりやすい内容にするかによって評価が変わってきます。

また文章だけでなく、画像や動画も同様です。無料画像や動画をダウンロードして二次利用している人や企業もいますが、たとえ有料素材であってもあまりお勧めしません。

画像 SEO を意識した場合、出来る限りオリジナルで、かつ話している内容と親和性のある画像を掲載するようにしましょう。AIの画像認識能力が上がっているので、同じ画像がインターネット上に既にあり認識されてしまっている場合、評価としてプラスに働くことはまずないでしょう。

上位表示させたいキーワードから必要な情報を見つける

記事を書き始める前に、いきなりライティングをするのではなく、上位表示をさせたいキーワードを決めましょう。そうすることで、様々な情報が見えてきます。

既に上位表示されている内容がどのような内容なのか、ロングテールキーワードはどのようなものがアクセスされているのか、どのように工夫したらより良い記事になるのか、平均文字数、上位表示されている記事に使われている共起語や類義語等々です。

記事を書き始める前の下調べが8割と言っても過言ではありません。