SEO対策

【 初心者向け 】SEO 対策とは?仕組みとやり方をわかりやすく解説|低コストでサイトを上位表示させたい方は必見!!

SEO 対策って何をすればいいかやり方がわからない。」

そんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、SEO 対策という言葉はよく聞きますが、具体的に
何から始めていったらいいか分からなくなりますよね。

今回の記事では、SEO 対策初心者の方がよく持つ疑問に答えつつ、
何から始めていったら良いのか、またSEO 対策をすることの重要性を
解説していきます。

自分のサイトを上位表示させたいけれど、seo対策のことが
イマイチ分からないという方は、ぜひ最後まで読んでください!

SEO 対策とは?具体的なやり方を解説する前に

よく言う SEO 対策とは、「検索エンジン最適化」のことです。

もう少しわかりやすく解説していきます。

まず、検索エンジンとは、Google、Yahoo!、Bing などの、私たちが何かを検索する時に
利用するもののことを言います。

そして、SEO 対策とは、こういった検索エンジンの検索結果に上位表示されるように
様々な施策を行う事を言います。

SEO 対策の重要性

では、この SEO 対策は本当に重要なのでしょうか?

結論から言うと、とても重要です。
なぜなら、先ほども軽くお伝えしましたが、seo対策をすることは、自分のサイトが
検索結果の上位に表示されるかどうかに大きく関わるからです。

seo対策を正しいやり方で行えば、検索結果の上位に表示される可能性が上がりますが、
やらなければ誰にも見られることのないサイトになります。

ターゲットとする人の見られることを想定しているサイトが誰にも見られることがないと、
意味のないものになってしまうので、そうならないためにもseo対策をしっかりと行いましょう。

seoの仕組み

では、優先順位はどのようにして決まっているのでしょうか。
seoの仕組みについて解説していきます。

仕組みよりもテクニックを教えて欲しいという方もいるでしょうが、
テクニックよりもまずは仕組みを知る必要があります。仕組みを知らなければ、
自分で応用したりすることができないからです。

早速、仕組みについて解説していきます。
まず、検索エンジン内には「クローラー」というロボットがいます。
このクローラーが検索エンジン内のサイトを巡回し、どのサイトが価値が高いかを判断します。

クローラーが巡回したサイトの中で、どれが価値の高いサイトかを判断する指標があります。
その指標をアルゴリズムと呼びます。

このクローラーに見つけてもらうことも重要ですし、見つけてもらってから価値が高いと判断して
もらうことも重要です。見つけてもらい、価値が高いと判断してもらうために、seo対策を行います。

seoの仕組みについては、このくらいをまずは抑えておけば問題ありませんが、もう少し詳しく
仕組みについて知りたいという方は、下記のURLをご参照ください!

【初心者向け】SEO対策は自分でできる!?SEOの仕組みと対策方法を解説します。

seo対策の具体的な方法

次は、実際に上位表示されるようなseo対策を行っていきましょう。
ただし、seo対策に関して、こうすれば必ず上位表示されるというのがGoogleなどから
明確に発表されているわけではありません。

数々のアフィリエイターが、何度も検証と改善を繰り返して、上位表示されるために
必要な要素を洗い出したい過ぎません。

そして、何が重要視されるかは、時期によって異なります。
アルゴリズムは定期的に更新されるからです。

その事を頭に入れ、自分自身でも実際に検証と改善が必要なことを覚えておきましょう。
アフィリエイターは例外なく、毎日、検証と改善を繰り返しているのです。

余談はこのくらいにして、seo対策について具体的に解説していきます。
seo対策は大きく分けて、「内部対策」と「外部対策」に分けられます。
まずは、「内部対策」から解説していきます。

内部対策

内部対策とは、価値のあるサイトと判断してもらうために、自分のサイト内に施す施策のことです。
やるかやらないかは自分次第なので、できるだけ実施するようにしましょう。

これから紹介するものをいきなり全てやるのは難しいと思うので、
少しずつ実施する施策を増やしていって、いずれは全て盛り込むようにしましょう。

最初の見出しとタイトルを合わせる

まず、最初にやるべきなのは、「最初の見出しとタイトルを合わせる」ということをしましょう。
これはすぐにできる施策なので、実施するようにしましょう。

どういうことかと言うと、この記事のタイトルは、
「【初心者向け】seo対策とは?具体的なやり方も含めて解説!!|seo対策の基礎・基本」
というタイトルです。

そして、最初の見出しは「seo対策とは?具体的なやり方を解説する前に」
という見出しになっていて、ほぼ一致しているのがお分かりでしょうか?

このように、タイトルと最初の見出しを合わせるというのがseoに良い影響を与えますので、
まずはこれを意識してやっていくようにしましょう。

キーワード

次は、「キーワード」についてです。
キーワードというのは、そのサイトがどういったことを伝えているかを表すものです。

サイトを作成する前には必ずこのキーワードを決めます。
これを決めないと、そのサイトの方向性やコンセプトが決まらないからです。

これも、具体的な例で解説します。
今読んで頂いているこの記事のキーワードは「seo対策とは?」です。

seo対策とは何なのかを総合的に伝えることを目的にした記事になっているので、
この記事のキーワードは「seo対策とは?」になっています。

むやみやたらに記事を書くのではなく、何をコンセプトにした記事なのかを決めて、
キーワードを選定して記事を書くようにしましょう!

キーワードの選び方に関しては、下記URLをご参照ください。

SEO対策最重要!キーワード選定方法のポイント&コツと手順

内部リンク

次は、内部リンクについて解説します。
内部リンクとは、サイト内に自分が過去に書いた記事のリンクを挿し込むことを言います。

例えば、今、自分が書いている記事のキーワードが「化粧水 メンズ」だったとします。
そして、過去に自分が「乳液 メンズ」というキーワードでサイトを書いたことがあって、
関連性があると思うものを挿し込むということです。

ただし、ここで重要なことは「関連性ある」かつ「読者のために」という2点です。
全く関連性がなかったり、とりあえず挿し込もうということで挿し込んだリンクは
全く意味がありません。

「この位置に、この記事があったら読者にとって有益だろう」と思う場所に
リンクを挿し込むようにしましょう。

外部リンク

次は、外部リンクついて解説していきます。
外部リンクとは、自分のサイト内に他者のサイトのリンクを挿入することを言います。

この外部リンクも内部リンクと同様に、「読者にとって、この位置にあったら有益だろう」と思う
場所に挿入するようにしましょう。

たくさん挿し込めば良いというわけではありませんし、質の悪い外部リンクを挿し込んでしまうと、
自分のサイトまで質の悪いものと判断されてしまうため注意が必要です。

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、下記画像の部分のことを言います。

メタディスクリプションは、Googleも記入を推奨しています。
Googleが直々に推奨しているものなので、必ず記入するようにしましょう。

次にキーワードも入れるようにしましょう。
キーワードは何に関する記事かを明確にするためにも記載した方が無難と言えます。

より詳しいメタディスクリプションの書き方は下記URLをご参照ください!

【入門版】meta descriptionの正しい書き方・文字数を丁寧に解説

読み込み速度

次は、読み込み速度に関してです。
読み込み速度はできるだけ早くしましょう。

サイトの読み込み速度が3~5秒であれば問題ありませんが、10秒もかかるようであれば
見直しが必要です。

重すぎる画像や動画を挿し込んでしまっていないかなど、サイトの見直しを
必ず行いましょう。

サイトの読み込み速度を最適化するためのツールもあります

外部対策

次は外部対策について解説していきます。
外部対策は、自分のサイト外での施策になります。
なので、自分でコントロールできない部分でもありますが、大切なseo対策になります。

被リンク

外部対策でご紹介するのは、この「被リンク」についてです。
とりあえず外部対策に関しては、この被リンクだけでも大丈夫です。

被リンクとは、他者のサイトに自分のサイトのリンクを貼ってもらうことを言います。
少し前、被リンクの黄金時代と言われる時代がありました。

被リンクをいくつかのパッケージにして販売している業者もあったほどです。
そういった過去もあったため、被リンクの重要性は少し下がりましたが、それでも
seoに与える影響は大きなものです。

ただし、被リンクで気を付けたいのは、たくさんの被リンクを獲得することは良いことですが、
優先順位は量より質です。

質の悪い被リンクをたくさん獲得するよりも、質の高い被リンクを一つ獲得する方が重要です。

ですが、ここでこんな疑問を抱いた方もいるかもしれません。
「他人にどうやって自分のリンクを貼ってもらうの?」
確かに、他人に自分のリンクを貼ってもらうのなんて難しそうですよね。

そこで、強くオススメするのが、次で紹介する「SNS運用」です。

SNS運用

SNS運用はブログ記事を始めるのであれば必ずやるようにしましょう。
なぜなら、SNSで自分のサイトの名前を出すとseoに良い影響を与えることが分かっているからです。

実際に、アフィリエイトで収入を得ている人たちはほぼ間違いなくSNSの運用をしています。
seoに良く働くという意味でもSNSは必ずやるようにしましょう。

また、先ほどお話しした、被リンクのためにもSNS運用は活用できます。
アフィリエイターはほぼ全員SNS運用をしているため、SNSでつながることができれば、
被リンクの獲得ができるかもしれません。

なので、ブログ記事を始めようと思っている方は同時にSNS運用も始めましょう。

seo対策で便利なツール

最後に、seo対策をするうえで欠かせいツールをご紹介していきます。
seo対策するうえで、ほぼ全員が活用しているツールですので、必ず導入するようにしましょう。

Google Search Console

まず、最初に紹介するのは、Google Search Consoleです。「サチコ」なんて呼ばれたりもします。

引用元:Google Search Console

このツールは、Google内での検索順位を改善するために利用されます。
自分のサイトがどんなキーワードで検索されて表示されているのか、検索順位に変化がないか
などを見ることができます。

Google Search Console

Google Analytics

次に紹介するのが、Google Analyticsです。

引用元:Google Analytics

このツールでは、自分のサイトに訪問したユーザーのサイト訪問回数や、訪問時間などが
わかります。また、時間帯別の流入数や、ユーザーの地域なども確認することができます。

Google Analytics

キーワードプランナー

次は、キーワードプランナーというツールです。
このキーワードプランナーは広告を出稿する場合は必ず導入したいツールです。

このキーワードプランナーでは、キーワードを生成するのではなく、
あるキーワードが月間でどのくらい検索されているかがわかります。

それを参考に、どんなキーワードにするかを決めていきます。

Google ヘルプ「キーワードプランナー」

高評価

高評価とは、コンテンツSEOツールです。
このツールでは、コンテンツの内部SEO対策がどのくらいできているかを
確認することができる便利なツールです。

タイトルやメタディスクリプションの評価などをしてくれます。

高評価

おわりに

今回は初心者向けに、seo対策の具体的なやり方を解説してきました。
この記事で書いたことがseoの全てではありません。

今回書いたことをいきなり全てやるのも難しいと思うので、seoの仕組みをまずは
理解して、少しずつseo対策で実施する項目を増やしていきましょう。

また、seo対策は、ここに書かれている項目を全て実施したとしても、
すぐに効果が出るものではありません。

じっくり時間をかけて、更新されるアルゴリズムの様子を見ながら改善していく
ことも必要です。

すごく手間がかかるように思いますが、一度、上位表示されるようになれば、
低コストで集客をすることも可能です。

根気強くseo対策と向き合うようにしましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

-SEO対策
-,